キャベツ

葉茎菜類 ・ アブラナ科アブラナ属
淡色野菜

野菜の色の力
野菜ごとに栄養の特徴があります。色々な野菜を食べる事で、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂る事ができます。何の野菜を食べようかと迷ったら、色に注目してみてください。

キャベツから発見された栄養素「キャベジン(ビタミンU)」は胃粘膜の修復に必要なタンパク質の合成を助けてくれます。

  • カロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンU
  • 食物繊維

キャベツの名前の由来は「頭でっかち」で、頭でっかちをからかう古いフランス語「カボシュ」の英語読み「キャベジ」から「キャベツ」と呼ばれるようになったもと言われています。

RECOMMENDおすすめの食べ合わせ

豆腐

効果・効能 : 胃腸障害の改善・予防
ビタミンUは別名「キャベジン」が特等的。胃潰瘍や十二指腸開園などの胃腸障害を予防・改善する働きがあります。お豆腐の量質なたんぱく質と摂取することアルコールから粘膜や肝臓を守り、二日酔いの防止になります。

野菜にはそれぞれ栄養的な特徴があります。色によってその効果が違うので、いろんな色を組み合わせて食べることで、食事のバランスがよくなります。