いんげん

果菜類 ・ マメ科インゲンマメ属
緑黄色野菜

野菜の色の力
野菜ごとに栄養の特徴があります。色々な野菜を食べる事で、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂る事ができます。何の野菜を食べようかと迷ったら、色に注目してみてください。

いんげんは未熟な状態のいんげん豆を言います。いんげんは、必須アミノ酸のリジンを多く含み、疲労回復や集中力アップに役立ちます。

  • カリウム
  • カルシウム
  • モリブデン
  • ビオチン

いんげんは江戸時代の僧侶「隠元」が持ち込んだことが由来しており、いんげんは地方によって、三度豆(枯れるまでの間三回収穫できる)・四季豆・隠元ささげ・五月ささげ・菜豆・ばか豆、など、様々な呼び方で呼ばれているようです。

RECOMMENDおすすめの食べ合わせ

鶏肉

効果・効能 : 美肌
さやいんげんに含まれるアミノ酸であるリジンがたんぱく質の吸収率を上げ、肌ツヤを整えます。

野菜にはそれぞれ栄養的な特徴があります。色によってその効果が違うので、いろんな色を組み合わせて食べることで、食事のバランスがよくなります。