ほうれん草

葉茎菜類 ・ アカザ科ホウレンソウ属
緑黄色野菜

野菜類に含まれる鉄は吸収されにくいことが多いですが、ほうれん草には1束で牛レバーに匹敵するほどの鉄が含まれているため貧血の予防に良い食材として知られています。葉酸は、ほうれん草から発見されており、葉酸以外にもほうれん草にはたくさんの栄養素が詰まっています。
ほうれん草には活性酸素の害を防ぐと言われるビタミンCも豊富に含まれています。

  • カリウム
  • カルシウム
  • カロテン
  • ビタミンC

効果・効能 : 美肌・目の健康

野菜の色の力
野菜ごとに栄養の特徴があります。色々な野菜を食べる事で、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂る事ができます。何の野菜を食べようかと迷ったら、色に注目してみてください。

ほうれん草のえぐみはシュウ酸という成分です。シュウ酸は、大量に摂取するととカルシウムの吸収を阻害する・結石を引き起こす、とも言われていますが、水溶性成分のため、下茹でをしたり流水にさらすことでその成分は溶け出します。適切な量の摂取やたっぷりのお湯で下茹で心がけると良いでしょう。

RECOMMENDおすすめの食べ合わせ

ごま

ごまに含まれる油がカロテンの吸収を助けます。また、ごまに含まれる豊富なビタミンEはほうれん草に多く含まれる鉄を吸収しやすくしてくれます。

野菜にはそれぞれ栄養的な特徴があります。色によってその効果が違うので、いろんな色を組み合わせて食べることで、食事のバランスがよくなります。